難聴

難聴の種類その2

難聴のひとつで、伝音性難聴と言うものがあります。
音が聞こえるというシステムは、外耳道や鼓膜、それから、耳小骨を微妙に震わせて振動を伝えているから、聞こえるのですが、この部分に問題が生じている場合、伝音性難聴になります。
音が機能する部位に十分に伝わって行かないので、音が鳴っていることがわかりにくくなってしまいます。
伝音性難聴は、先ほどご紹介した感音性難聴に比べると、治療によって効果が出やすいでしょう。
例えば、補聴器を使えば、音や声が聞き取りやすくなるケースが多いです。
また、混合難聴と言うものもあり、これは、感音性難聴と伝音性難聴、両方の特徴が出ているケースです。
また、突発性難聴は、特に原因もなく、突然、音が聞こえなくなる病気です。
通常ですと、両耳ではなく、片方の耳だけに現れ、聴力が低下します。
突発性難聴は、男女差はなく、50代から60代に多く見られる症状です。
たまに、若い方であっても、突発性難聴になることもありますので、一概に、高齢になることが、突発性難聴の原因とはいえません。
突発性難聴は、感音性難聴の性質も持っていて、原因として考えられることは、ウイルス感染や、また、内耳の循環にトラブルが発生しているなどが言われていますが、実は、現在もその原因がきちんと解明されていません。
突発性難聴は、聴力が低下してくると言う症状のほかにも、耳鳴りがしたり、めまいがしたり、それに伴って吐き気がしたりすることがあります。

 難聴の種類その2 

ケーキバイキング  デザートフォレスト  モダン焼き  お好み焼きのソース  そばめし  日田天領水  クールマイヨール  千年未来  梵珠百水  銀河水  コントレックス  海洋深層水
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi