難聴

ストレスと難聴その5

ストレス難聴は、現代の日本にも増加しています。
また、子供たちのほうが、ストレス難聴になりやすく、人間関係が形成される難しい時期に、心の病の一種として、ストレス難聴になりやすいのです。
女の子のほうが男子よりもかかりやすく、聴力検査で異常が見つかる子供が多いです。
早期発見することが大切なので、聴力検査で異常があった場合は、病院での精密検査が必要です。
そのまま、放置しておくと、授業について行けないほど、聞こえにくくなり、回復も難しくなるでしょう。
子供がストレス難聴を発症させてしまう原因は、学校においてのトラブルが多いそうです。
いじめだったり、仲間はずれだったり、友達と上手くいなかったり、学校での人間関係が、ストレス難聴として出てくるケースが多いです。
人間関係のトラブルによって、心に深い傷が出来て、それが難聴という形で、表に出てくるということです。
それから、学校だけでなく、家庭内の不和なども、ストレス難聴の発症原因とされています。
親の離婚や、暴力など、子供の心を追い詰めるような出来事があると、ストレス難聴を発症させると言われています。
もちろん、大人も、精神的ショックがあるとストレス難聴を発症しやすくなります。
例えば、親しい人がなくなったり、恋人にふられたり、会社をリストラされたり、強い精神的なショックにより、突然、耳が聴こえにくくなります。
また、このような一時的ショックだけでなく、家庭の問題や、親の介護の問題、金銭的な問題など、抱えている問題が常にある人も、疲労や、睡眠不足がたたって、ストレス難聴になるケースが多いです。

 ストレスと難聴その5 

ケーキバイキング  デザートフォレスト  モダン焼き  お好み焼きのソース  そばめし  日田天領水  クールマイヨール  千年未来  梵珠百水  銀河水  コントレックス  海洋深層水
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi